メニュー


日本語・日本文学を探究し、その真髄を 世界に発信できる力を獲得します



 日本文学専攻では、日本文学・日本語学および関連諸学について、高度の学識を培い、その本質を究明するとともに、日本文化の継承発展に貢献できる人材 を育成します。博士課程前期では専門的な知識を修得した上で各専攻分野の 解明に努め、さらに後期課程では広い視野に基づいた創造的な研究によって、 博士論文執筆を目指し、学問研究を推進する能力の養成を目的としています。





人材養成・
教育研究上の目的

 本専攻は、日本文学・日本語学および関連諸学について、高度の学識を培い、その本質を究明するとともに、日本文化の継承発展に貢献すべく、専門的な知識を修得し、専攻分野の解明に努めることで、高い学識を備えた人材を養成することを目的とします。

取得可能な資格



カリキュラム構成

 本専攻のカリキュラムは、上代・中古・中世・近世・近現代の日本文学、日本語学、日本語教育学、漢文学および図書館学を柱に組まれています。各分野とも先端で活躍する専門の研究者を擁し、高度な専門知識修得理解のため多彩な講義科目・演習科目を設けています。特に演習科目では本専攻ならではの特色あるテーマに基づいた対象を扱い、少人数での密度の濃い討論の中から各学生は研究の在り方、論文の執筆方法などを修得していきます。「国語」の専修免許状を取得した、多数の教員が全国で活躍中です。研究職にも長年にわたりすぐれた人材が輩出し、各学界において盛んな研究活動を行っています。



日本文学専攻専任教員(特別研究担当者)紹介



氏名研究テーマ
石井 倫子 教授 【中世文学】
中世演劇である能・狂言について、金春禅鳳の能と伝書、能における古典享受の諸相に関する研究を中心に、明治・大正期の文学者と能との関わりにも関心を持っています。
江田 すみれ 教授 【日本語教育】
複数のジャンルのコーパスをもとに文法項目の調査を行っています。異なる種類のテクストの中での文法項目の出現状況を見ることにより、テクストと文法項目の使われ方の関係を考えていきます。
坂本 清恵 教授

【日本語学】
能楽・浄瑠璃などの伝統芸能を資料に中近世を中心とした音韻、アクセント研究、および定家仮名遣を中心とした表記について研究しています。

清水 康行 教授 【日本語学】
近代日本語史の記述的な研究。特に録音資料による音声言語史、非文芸的な資料による文章史。近代「国語」「標準語」制定史にも関心があります。
高野 晴代 教授 【中古文学】
王朝和歌、特に古今集時代を対象に最古の勅撰集成立とその意義を探ります。また和歌を視点として『源氏物語』『蜻蛉日記』などの作品、さらに和歌と絵画との関係を研究テーマとしています。
田中 大士 教授

【上代文学】

上代文学、とくに『万葉集』の伝本、伝来についての研究。『万葉集』の表記や歌々が校正の人々にどのように受け止められ、伝えられてきたかを調べています。

福田 安典 教授 【近世文学】
専門分野は平賀源内を主軸に捉えた近世中期の文芸と、文人の交流、出版の諸問題。近世中期の文芸を中心に、その背景や作品の成立過程、作家の伝記、出版などを総合的に検討しています。
山口 俊雄 教授 【近現代文学】
1930年代にデビューした石川淳や太宰治を中心に、広く近代文学を同時代の諸言説・諸事象との関係の中で読み、その歴史性の解明を試みています。
大谷 康晴 准教授 【図書館情報学】
図書館が担ってきた知識基盤としての社会的機能のあり方と今後を探るために、図書館経営、図書館政策、図書館員の養成教育をテーマとしています。
吉田 薫 准教授 【中国近代文学・思想】
梁啓超や章炳麟、魯迅等、清末の知識人の思想や文学について、様々な活動内容を検証しながら研究しています。特に個々の思想と歴史のかかわりに興味があります。
渡部 麻実 准教授 【近現代文学】
昭和の作家、堀辰雄の草稿や書き入れ本の研究をおもに行っています。近年は近現代の文芸と科学の関係性についても興味を持っています。


修了後の主な就職先



日本女子大学文学部日本文学科、天理大学文学部国文学国語学科、川村学園女子大学文学部日本文化学科、カリタス女子短期大学言語文化学科、慶應義塾大学経済学部、国際交流基金日本語国際センター、流通経済大学経済学部、日本女子大学附属高等学校、日本女子大学附属中学校、慶應義塾大学附属高等学校、関東学園大学附属高等学校、鎌倉女学院高等学校、鶴見大学附属中学校・高等学校、フェリス女学院中学高等学校、秋田県立高等学校、茨城県公立中学校、都立深川高等学校、太田国際学園、韓国新羅大学校外国文学部日語日文専攻、タイ王国タマサート大学教養学部日本語学科、栃木県立博物館、京セラ丸善システムインテグレーション、国書刊行会、 小学館集英社プロダクション、辰巳法律研究所、日立ソフトウェアエンジニアリング など