メニュー



資格・キャリアパス



史学専攻での学び



 日本史・東洋史・西洋史および関連諸分野において、グローバルな視野と科学的批判精神と洞察力を持って、各自の研究テーマを客観的、論理的、体系的に探求・考察する力を養います。歴史研究の基礎となる各時代の諸言語、例えば日本史における古代から近現代の多彩な史料の読解能力の習得を重視し、中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・イタリア語のほか、ラテン語・オランダ語・アラビア語・ヘブライ語・ヒンディ語など、幅広い語学の学習も可能です。

個別指導により、研究計画に基づいた指導のもとで、修士論文・博士論文の完成を目指します。



各専門分野の特色



【日本史分野】

各時代の個人や社会集団の意識・行動の特質――とりわけ古代・中世の寺院社会史、絵図や現地調査に基づく歴史地理学、文献史料とモノ資料を駆使した中近世の文化史、対外関係史・藩政史など近世政治史、蚕糸業・農村史などの近代経済社会史――の研究実績を上げています。

醍醐寺寄付授業:元文化庁美術学芸課文化財調査官らによる文化財の保存・管理についての講義、また歴史的建造物についての講義をしていただいています。

本学教員が『醍醐寺文書聖教』の国宝指定に長年関わってきたご縁から、現在も国宝指定のための調査・目録作成に院生が補助員として参加し、貴重な史料に直接触れたり、文化財管理のノウハウを学ぶ機会を与えていただいています。


【東洋史分野】

中国の古代から近現代まで、またパレスチナ/イスラエル地域を中心とする中東イスラーム世界、シルクロードを経済的に支配したソグド人からインド近現代史まで、広大な地域の研究指導が可能です。また日本とアジア諸地域との関係史における研究実績も豊富です。研究に必要な文献解読のため、語学指導も充実しています。中国その他の研究機関への留学や学会発表も推奨しています。


【西洋史分野】

イタリア、ドイツ、フランス、イングランドの中世から近現代、ヨーロッパ諸地域間およびヨーロッパ以外との関係史、また近現代の世界各地への移民史、文学・美術・ジェンダーなどの文化・社会思想史の研究実績を上げています。研究に必要な文献解読のため、語学指導も充実しています。協定大学のボルドー・モンテーニュ大学ほか海外の研究機関への留学も推奨しています。



取得できる資格



中学校教諭(社会)・高等学校教諭(地理歴史)専修免許状を取得できます。



キャリアパスの例



  • 後期課程修了(日本史)→大学非常勤講師→私立大学准教授・教授(複数)
  • 後期課程修了(日本史)→本学成瀬記念館学芸員→公立博物館学芸員
  • 後期課程修了(日本史)→私立大学助教→寺院霊宝館学芸員
  • 後期課程修了(日本史)→私立大学講師→公立文書館主任学芸員
  • 後期課程修了(東洋史・西洋史)→私立大学非常勤講師(複数)
  • 後期課程修了(西洋史)→協定校ボルドー大学留学→パリ大学大学院留学中
  • 前期課程修了(日本史・東洋史・西洋史)→公立・私立中学、公立・私立高校教諭(多数)
  • 前期課程修了(日本史)→私立博物館・私立資料館 学芸員(複数)
  • 前期課程修了(東洋史・西洋史)→地方公務員(複数)
  • 前期課程修了(西洋史)→私立博物館学芸員
  • 前期課程修了(西洋史)→新聞社勤務
  • 前期課程修了(西洋史)→大学職員


主な就職先(2019年4月現在)



文化庁、埼玉県立文書館、千葉県庁、仙台市役所、東京都板橋区教育委員会事務局、武蔵野学院大学、種智院大学、日本女子大学、日本女子大学附属中学校、東京農業大学第三高等学校附属中学校、芝浦工業大学柏中学高等学校、女子美術大学附属高等学校、東京都立浅草高等学校、市川学園市川中学・高等学校、山梨県立白根高等学校、市立東葉高等学校、千葉市立磯部中学校、実践学園高等学校、目白研心中学・高等学校、国府台女子学院小学校、日本女子大学成瀬記念館、東大寺図書館、紙の博物館、川崎市市民ミュージアム、草月会館、総本山醍醐寺霊宝館、講道館図書資料部、日本経済新聞社、吉川弘文館、岡墨光堂、トーハン、三菱UFJ銀行信託銀行 など