メニュー



学位授与方針
(ディプロマ・ポリシー)



知識・理解



  • イギリス文学、イギリス文化研究、アメリカ文学、アメリカ研究、言語・英語研究並びに関連分野にわたって、広範な知識を身に付けている。


思考・判断



  • 論理的な思考力をもち、英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化に関わる諸問題を深く追究できる。
  • 研究対象を分析するための客観的な判断力と健全な批判精神を備えている。


関心・意欲・態度



  • 英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化の諸問題について高い関心を有している。
  • 高度な英語能力と深い専門知識を生かして、教育現場等で、広く社会に貢献しようとする積極的姿勢を有している。


技能・表現



  • 英語で専門的な資料を読み解き、情報収集を行う能力を持っている。
  • 英語論文によって個人の考えを表現し、広く発信する能力を有している。
  • 自分の考えを他者に的確に伝えるための論理的思考力と表現力を身に付けている。


教育課程編成方針
(カリキュラム・ポリシー)



知識・理解



  • 英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化に関わる専門知識を身に付けるための講義科目を置く。


思考・判断



  • 専門分野の論文を読み解き、自ら課題を発見する能力を養うための演習科目を置く。
  • 本学学位規程に定められた基準の修士論文を完成させるための「特別研究」を置く。


関心・意欲・態度



  • 学内の専門誌(Veritasや大学院紀要等)への論文の投稿や、大学院英文学専攻課程協議会の口頭発表での、積極的な研究成果の発表を促す。
  • すべての科目においてアクティブ・ラーニングを旨とする。


技能・表現



  • 英文学専攻課程協議会の研究発表会や修士論文中間発表会において、自分の研究を口頭で明快に伝える訓練をする。
  • 修士論文を英語で執筆するため、英語による研究論文執筆の方法を学修する「英語論文作成法・上級」を置く。
  • 英語教育の従事者として活躍できる人材を養成するための関連科目を置く。


入学者受入方針
(アドミッション・ポリシー)




知識・理解



  • イギリス文学、イギリス文化研究、アメリカ文学、アメリカ研究、言語・英語研究の少なくとも1つの分野において、一定の専門的知識を有する人。


思考・判断



  • 複眼的な視座と客観的な判断力を持つ人。


関心・意欲・態度



  • 英米を中心とした英語圏の文学、歴史、言語、文化についての高度な専門知識を身に付けることによって、社会の発展に貢献したいと希望する人。


技能・表現



  • 専門分野の英語による学術書や論文を的確に読み解くための一定の英語読解能力を有する人。
  • 知識の収集能力を持ち、それを体系的にまとめあげる力を備える人。