メニュー


文学研究科の3方針



アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)



(博士課程前期)



  • 日本文学(日本文学、日本語学、日本語教育学、漢文学、図書館学)、英文学(イギリス文学、イギリス文化、アメリカ文学、アメリカ研究、言語・英語)、史学(日本史、東洋史、西洋史)のいずれかの分野での研究を希望する人。
  • 人文学に関わる高度な専門知識をもって社会に貢献したいという意欲を持った人。


(博士課程後期)



  • 博士課程前期で培った専門知識と研究方法により、更に高度で独創的な研究の継続を希望する人。


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)



(博士課程前期)



  • 人文学に関わるより高度な専門知識の修得のための講義科目を置く。
  • 課題の発見から解決のための方法を学ぶための演習科目を置く。
  • 各専攻の諸分野について専門的に学修を深めるための科目を置く。
  • 個別指導により、本学学位規程に定められた基準の修士論文を課す。


(博士課程後期)



  • 各専門分野の研究の集大成として、研究計画に基づいた指導のもとで、本学学位規程に定められた基準の博士論文を課す。


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)



(博士課程前期)



  • 人文学について広範な学識を有し、専門分野において高度な知識を身に付けている。
  • 科学的批判精神と洞察力をもって、人文学に関わる諸問題を深く追求することができる。
  • 人文学について、高度に専門的な文献・資料を読み解き、的確な表現力・コミュニケーション力をもって研究成果を発表することができる。
  • 人文学の専門知識と技能を生かし、総合的な判断力と創造的な研究能力をもって広く社会に貢献することができる。


(博士課程後期)



  • 人文学について広範な学識を有し、専門分野において博士の学位を取得するに足る深い学術的知見を獲得している。
  • 博士課程前期で培った調査力・分析力・考察力を更に発展させ、独創的で自立した研究活動ができる。
  • 人文学について、高度に専門的な文献・資料を読み解き、的確な表現力・コミュニケーション力をもって研究成果を発表することができる。
  • 人文学の専門知識と技能を生かし、総合的な判断力と創造的な研究能力をもって広く社会に貢献することができる。