メニュー

研究科委員長からのメッセージ


英文学専攻 三神 和子 教授

 文学研究科は、本学大学院の中ではもっとも早く設置され、日本文学・英文学・史学の3専攻から構成されています。

 博士課程前期では、専門知識を深めた多くの修了生が、企業で、そして中学校高等学校教員や日本語教員、司書、司書教諭、学芸員として活躍しています。大学院で学びながら、学部の資格関係の授業を履修し、新たに資格を獲得して、社会により広い活躍の場を得た学生もいます。博士課程後期からは、博士の学位を得て大学の教員や研究機関の研究者として活躍する多くの人材を輩出しています。このように本研究科では、専門的職業人と研究者養成の双方にまたがるカリキュラムを充実させ、教員によるきめ細やかな指導体制が、各領域に寄与しうる人材の育成を支えてきました。

 また本研究科は、就職・結婚・出産・育児・介護など女性のライフコースに伴う諸々の事情によって、勉学や研究から離れざるをえなかった女性たちのセカンドチャンスの場ともなるよう、「社会人出願」や「長期履修学生制度」などの支援体制も整えています。

 文学研究科は、文学・言語・歴史という研究分野の最先端を切り拓いてゆく歓びと、その成果を社会に還元する歓びとを、より確かなものにする可能性に満ちた場を提供しています。