メニュー


修士課程2002年修了 A.N.さん
三菱商事フードテック株式会社勤務



 大学院では、嚥下障がい者に適した食品の物性に関して研究を行いまし た。入社後は、嚥下補助製剤の開発業務に6年間従事し、現在は営業とし てそれらの製品を販売する業務に携わっています。私の場合は、学生時代 の研究内容や知識をそのまま生かせるという大変幸運な環境でしたが、最 も役に立ったのは大学院時代に身につけた、自主的に研究に取り組む姿勢 であると感じています。自分で調べ、考え、行動し、随時報告を行うという習 慣が、開発部時代も、営業業務においても、私の力となっています。女性は、 結婚や出産によりライフステージが変わると、それまでと同じように働くことが 難しくなります。私自身、焦ったり悩んだりの連続で すが、仕事で得られる喜びと家庭生活で得られ る喜びは全く別のものなので、どちらも諦めずに 欲張っていきたいと思っています。



修士課程2004年修了 A.I. さん
病院栄養部勤務 管理栄養士


 大学院に進学し研究に取り組んだことで、研究に必要な専門知識と研究手法を学ぶことが出来ました。日々新たな患者さんと向き合い、よりよい栄養支援を目指す上でその知識と経験は欠かすことの出来ない財産になっています。一人でも多くの患者さんが本来楽しいはずの食事で苦しむことが無いよう支援する事を目標に、試行錯誤の毎日ですが大きなやりがいを感じています。