メニュー


子どもを学ぶ・子どもから学ぶ



 児童学専攻では、主として1.発達と臨床、2.児童文学と児童文化、3.音楽と造形 の3つの領域の専門家による講義や指導により、それぞれの視点から理論と応用についての精深な学識と研究能力を養います。またその専門的知識や技能をもって社会における児童の健全な生育に寄与する人材を養育することを目指します。





臨床発達心理士
指定科目に認定されています(2017年度)

 

児童学専攻の科目が(一社)臨床発達心理士認定機構により指定科目として認定されています。
くわしくは認定機構のウェブサイトをご覧ください。

 

臨床発達心理士認定機構ウェブサイト>資格取得を目指す方へ>指定科目認定大学院

取得可能な資格



児童学専攻の特徴

 児童学専攻では、学部(児童学科)を教える教員の多くがそのまま大学院修士課程においても授業を担当しています。したがって学部から進学する場合には学部時代に興味や関心のあったテーマを連続性を持って掘り下げることが可能です。
 本専攻はこの5年間の入学者の傾向として、外部の大学からの進学者が半数近くを占めています。つまり学外にも広く門戸を開いて学びの環境を整えていることが特徴です。

3つの方針



児童学専攻専任教員(特別研究担当者)紹介



氏名研究テーマ

1.発達と臨床

岡本 吉生 教授

【家族心理学・犯罪心理学】

家族の葛藤や子どもの問題行動についての心理臨床的な諸問題を研究しています。

吉澤 一弥 教授

【精神医学】

メラニー・クライン、ビック、ビオン、メルツァーらのクライン学派の理論的研究を様々な形で検証しています。

請川 滋大 准教授

【幼児教育・発達心理学】

「子ども達の自発的な活動を支えるための大人の役割」についてを大きなテーマとしています。具体的には、(1)幼稚園における「帰りの会」場面、(2)水辺における子どもたちの遊び場面、これらの自然観察を行っています。

2.児童文学と児童文化

石井 光恵 教授

【児童文化】

子どもの豊かな成長発達にかかわる児童文化の視点を中心軸に、赤ちゃん絵本からアート絵本まで、絵本について幅広く研究しています。

川端 有子 教授

【児童文学】

児童文学を歴史や社会、文化との関わり、「子ども観」の変遷などから分析・解明する研究をしています。

3.音楽と造形
根津 知佳子 教授

【音楽教育・音楽療法】

音楽的対話の分析・評価方法を追究しています。
また、アクションリサーチ的な手法に基づいた研究者と実践者との協働による音楽的場の創出を重視しています。

和田 直人 教授

【美術・デザイン】

子どもの感性を育成するための美術・デザインの造形原理について、理論と実践(制作)の両面から幅広く研究しています。



修了後の主な就職先



東京都公立保育園、日本女子大学附属豊明幼稚園、成城幼稚園、田無富士見幼稚園、文京学院大学ふじみ野幼稚園、コーンヒル日本語幼稚園、東京都公立小学校、千葉県公立小学校、横浜市公立小学校、日本女子大学附属豊明小学校、トキワ松学園小学校、日本女子大学、千葉大学、玉川大学、浦和大学、梅光学院大学、千葉明徳短期大学、中華女子学院大学、世田谷区教育相談室、東京大学医学教育国際協力研究センター、横浜市リハビテーション事業団、板橋区役所、ポプラ社 など



主な修士論文



  • 幼稚園における親支援の構築化について
  • 統合保育における肢体不自由児の運動支援に関する研究
  • 「反復」をもとにした音楽づくりの意味 ―小学校における授業実践の分析をもとに―
  • 子どもの心に残る絵本を作るには ―繰り返し構造を通した実験的絵本研究―
  • 児童養護施設出身者の自立を支えるもの ―出身者 3名の語りの分析から―
  • 保育現場における前言語期の子ども達の「指さし行動」の様相
  • 文字のない絵本の読み聞かせ─母親のかかわりに焦点を当てた縦断的研究─
  • <台所>から読むL.M.モンゴメリ作品