メニュー

研究科委員長からのメッセージ


住居学専攻 篠原 聡子 教授

 大学への進学率では女性も男性にひけをとらない時代となり、本学の創立時とくらべれば、隔世の感があります。しかしながら、先進国の中で日本においては、大学の研究職や企業の管理職などにおける女性の割合はまだまだ低くとどまっております。そのような中にあり、日本女子大学大学院からは、修士課程の設置以来多くの修了生が巣立っており、専門職として道を切り開く女性が多く、幅広い分野で活躍しています。とくに、日本女子大学大学院家政学研究科、人間生活学研究科においては、生活者の視点から物事を深く探究し、人間を見つめることを根幹においた先端的な研究に携わることを特徴とし、豊かな社会の構築に貢献できる人材の育成を目指しております。徹底した少人数教育の中で、友人や教員と触れあい、刺激し合い、自らの能力を伸ばしていってほしいと思います。