メニュー


博士課程後期 2009年修了
学位: 博士(学術) Y.S.さん
川村学園女子大学教育学部幼児教育学科 准教授



 大学院では、共同研究に参加させていただいたことを機に「言葉を十分に話す前の乳幼児と親がいかに絵本を読みあうのか」を探究しました。考え続ける中、発達研究会で新たな解明へと導く文献と出会い、研究の面白さを知ることになりました。また、粘り強く研究に向かう姿勢や、学会・論文発表の方法や意味等、大学院で出会った方々がお教え下さいました。とくに3年間在籍後、児童学科で助手・助教として勤務し、博士論文を提出するまで、温かく支え、研究や教育活動についても御指導・御助言賜りました先生方には、心より感謝致しております。現在、大学教員として学生たちとともに考え議論し、子育てする母親としても新たなことを経験しながら、子ども(人間)理解を深めております。大学院において、じっくりと一つのことを探求し培ったことは、すべて今につながり土台となっていることを痛感致します。これからもさまざまな出会いを大切に、研究や教育活動に邁進していきたいと思っております。



博士課程後期 2007年修了
学位: 博士(学術) N.S.さん
駒沢女子大学人間健康学部 准教授



 大学院では、動物実験、細胞レベルの実験、ヒトを対象にした調査と様々な手法を用いて骨代謝に関する栄養素について研究しました。先生方からは、研究に向かう真摯な姿勢、困難にぶつかってもあきらめずにやり遂げる大切さ、自分たちの研究を論文として社会に発信していくことの重要性をお教えいただき、とても充実した大学院生活でした。今、管理栄養士を目指す学生を指導する教員として仕事をしています。新設された学科で、自分の研究室を持ち、学生たちの卒業研究を試行錯誤しながら進めています。大学院時代に先生方にお教えいただいたこと、様々な経験を思い出しながら、新たな環境で研究に取り組んでいます。20歳代の若いときに、朝から晩まで研究に没頭できる環境の中で過ごした時間は、私の一生の財産となっています。



博士課程後期 2005年満期退学
学位: 博士(学術) A.T.さん
山梨大学 教育人間科学部 准教授



 大学院での生活は、毎週のゼミで難解な本を読み、レポートを作成し、議論し、先生や先輩方から厳しいコメントをもらうということの繰り返しでし た。十分に議論に加われない自分に落ち込むことも多くありましたが、院生仲間と励ましあいながら、夜遅くまで勉強し、疑問点を話し合う中で、考えが深まっていくという過程は、とても楽しく充実した毎日でした。研究するこ との喜びを知ったこと、そして現在でも様々な問題を議論できる仲間ができたということは、大学院で得た大きな財産だと思っています。 現在は大学の教員となり、様々な授業を担当し、また研究に取り組む日々ですが、全てにおいて大学院で学んだことが基礎となっていることを痛感しています。これからも、学生たちと共に学びあいながら、前進し ていきたいと思っています



博士課程後期 2002年修了 N.S.さん
麻布大学 生命・環境科学部 准教授


 修士課程で行っていた研究をさらに深めたい一心で博士課程に進学しましたが、本当にやっていくことができるのか、当初は不安で一杯でした。しかし大量の論文を読んで研究計画を立てることから始まる大学院での研究はとてもやりがいがあり、多くの先生方のご指導を受けながら学ぶう ちに、将来は研究ができる仕事に就きたいという思いが強くなりました。博士課程では日本女子大学のリベラルで充実した研究環境の中で思う存分自分の研究に取り組むことができ、また学会での発表や論文のまとめ方など、研究生活で欠かすことのできない多くのことを学びました。現在は大学の教員として、科学的知見の上に構築された栄養学の発展に少しでも貢献できるよう教育・研究に努めたいと思ってい ます。壁に突き当たることも多い日々ですが、大学院で過ごした貴重な時間が今も私を支えてくれています。



博士課程後期 1999年修了
学位: 博士(学術) S.H.さん
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻(博士課程後期)・スポーツ健康システム・マネジメント専攻(夜間修士課程) 准教授


 学生や院生への教育・研究指導を行いつつ、子育て中の両親、生活習慣病患者、中高年者の健康行動や生き方変容支援をテーマに、ヘルスカウンセリングによる介入研究をしています。ストレスを抱えた人を支援しつつ、私自身がエネルギーと学びをもらう毎日です。まさに本専攻で学んだ知識を活かした教育・研究の場にいます。人を対象とする臨床研究では、大学院で学んだ研究への謙虚な姿勢が大切であると実感しています。研究は新奇性が高いほど、孤独であり、自分との戦いです。でもここには、失敗も受けとめ、温かく見守ってくださる先生方がいます。その中で、未知にチャレンジし、逆風にも負けない強さを培い、人生を愉しみ、研究も愉しむコツを学べる場です。


資料請求

資料請求

人間発達学専攻
ニュース・お知らせ

一覧