メニュー

西生田キャンパス科目一覧


西生田キャンパス科目一覧

「キャリア形成科目」として6講座を設置し、学生一人ひとりの人生計画の設計や進路選択をサポート。
「生涯教育」を教育活動の重要な柱と位置づける本学ならではのプログラムを多彩に用意しています。
(詳しい内容はシラバスをご覧ください。)



インターンシップI・II



就業体験により、自己の適性と可能性を探り、職業観を養成(2・3年次:通年開講)

自己のキャリアデザインに向け、職業観を育て、適性や可能性を探るきっかけとなる質の高い就業体験を、長期休暇中の一定期間を利用し実施。就業体験による効果を高めるために事前・事後の指導もきめ細かく行っています。



ライフプランとキャリアデザイン



各界で活躍する講師のキャリアと体験談から自身の生き方を模索し自己形成する基盤を構築
(1年次~:後期開講)

外部講師を複数迎え、それぞれのキャリア・経験から理論を学ぶとともに、働き方や転機の乗り越え方、意思決定の方法などを学習。
人生を豊かにし自身を成長させる、これからの生き方とキャリア形成を考える基盤を形成します。



労働法



働くうえで直接的に自分と関わりのある法律を基礎からしっかりと理解
 (2年次:前期開講)

労働法制の体系と構造をはじめ、職場のルールともいえる労働契約や労働者としての自分を守る労働条件、女性労働に関する法律など、働くうえで関わりの深い労働法に関する基礎的な知識を修得します。



人間関係心理学特講・11



チームの成果を高め、組織や集団のなかでの自己の生かし方を発見
(2年次~:前期開講)

集団・組織を社会心理学の視点からとらえ、チームとしての集団活動の中で自分を生かすことを集団心理学の側面から検討。
チームワークやリーダーシップなどを学びます。



社会に出るための自己表現



コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を実習によって修得
 (2年次~:前・後期開講)

社会生活上不可欠なコミュニケーションとプレゼンテーションを、言語コミュニケーション、非言語コミュニケーション、アクティブリスニングなどに分け、自己表現の方法を学習します。

・女性のライフコースを基盤とした人生設計を応援する「キャリア女性学副専攻」を設置

キャリア女性学コア科目として、キャリア形成、キャリア制度(働くひとの諸問題、企業とひと等)、ビジネス系(現代ビジネス事情、NPO・NGO論等)、ライフコース系(現代女性と家族、現代女性と子育て等)の科目群を設置。
その後、地域・行政コース、国際活動コース、情報メディアコースから一つを選び履修登録します。