メニュー




学内で火災が発生したら



1. すぐ知らせる。 直ちに近くの事務室や研究室または警備員室などに知らせる。
2. すぐ消す。 身に危険がない場合は、初期消火を行う。
3. すぐ逃げる。 エレベーターは使用せず、速やかに避難する。煙が発生したらハンカチ等を口や鼻に当て、姿勢を低くして屋外へ避難する。


地震が起きたら



教室内では ドアを開けて出口を確保する!
窓から離れて机等の下に身を伏せる!
実験室内では 火を消す!(地震による火災の発生が一番危険です。)
エレベーター内では 行き先ボタンを全部押し、止まった階で脱出する!
(停電するとエレベーター内にとじ込められる危険があります。動く状態でも使用を禁止します。)
防火扉は手で開ける 地震で閉まった防火扉(廊下や階段付近に設置)は手で開ける!
(通過後は火災発生の場合の延焼防止のため、必ず閉めてください。)
屋外では 建物から離れて、ガラス等の落下物から身を守る!


※屋内の場合は、むやみに外へ出ることなく、身の安全を確保して、指示があるまで待機してください。

※避難する場合は、エレベーターは使わないでください。



緊急地震速報について



大学では大規模地震に備え、緊急地震速報装置を設置しています。

各キャンパスにおいて、到達時の震度が「5弱」以上と予測された場合に、非常放送として地震発生を告知します。放送が流れた場合は、指示に従って落ち着いて行動してください。

 

※首都圏直下型地震など、震源に近く強い揺れが到達するまでの時間が短い場合には、速報の放送が間に合わないことがあります。また、予測された震度に誤差を伴うこともあります。

 

 



「災害用伝言ダイヤル」及び
「災害用伝言板サービス」について



災害用伝言ダイヤルは局番なしの「171」にかけて音声で安否情報を録音・再生するもの、災害用伝言板サービスは携帯電話から文字情報で安否確認等の登録・確認をするものです。



利用方法



利用方法

「災害用伝言ダイヤル」
「171」をダイヤルして、あとはガイダンスに従い、伝言を「登録」または「再生」を選択し、被災地の方の電話番号を入力します。暗証番号付きで利用する場合は、家族や親戚、知人等との間で、「暗証番号」を予め決めておく必要があります。


「災害用伝言板サービス」

被災者がスマートフォンや携帯電話から自身の状況を登録し、登録された安否情報を全世界から確認することができる災害時専用のサービスです。

「無事です」「被害があります」「自宅にいます」「避難所にいます」などの定型文と、あわせて100文字までのコメントを登録することができます。


※「災害用伝言ダイヤル」及び「災害用伝言板サービス」は毎月1日と15日に「171」の体験利用ができます。また、正月三が日(1/1~1/3)、防災週間(8/30~9/5)、防災とボランティア週間(1/15~21)の間も体験利用ができます。



災害時の帰宅困難について



中央防災会議等によると、首都直下型地震が発生した場合、帰宅困難者は東京都内で390万人、1都3県で650万人と予想されています。これは帰宅距離20キロ以上の場合で、それより近距離で被災する人は、数百万人から1000万人とも予想されています。自宅から電車などで通学している皆さんも、日頃から複数の経路を調べておく等、外出中に地震が起きても慌てないように心がけましょう。 帰宅困難者になってしまった時のために、次のことを普段から心がけておきましょう。



帰宅困難者心得十ヶ条



1 .あわてず騒がず、状況確認



2. 携帯ラジオをポケットに



3 .つくっておこう帰宅地図



4. ロッカー開けたらスニーカー(防災グッズ)



5 .机の中にチョコやキャラメル(簡易食料)



6. 事前に家族で話し合い(連絡手段、集合場所)



7 .安否確認、ボイスメールや遠くの親戚(災害用伝言ダイヤル)



8. 歩いて帰る訓練を



9 .季節に応じた冷暖準備(携帯カイロやタオルなど)



10 .声を掛け合い、助け合おう



※防災グッズは、コンタクト用品や常用薬など各自必要なものも用意しておきましょう。



地震や災害時の避難場所





大地震対応マニュアル(学生用)



2011(平成23)年 3月の東日本大震災後、関東地方においても大地震発生の可能性はますます高まってきています。

大地震(震度 5弱程度以上が目安) により建物の倒壊、火災や交通機関の混乱をはじめ大規模な被害が発生した場合に対応するため、本学ではマニュアルの策定、備蓄品の準備など対策を進めています。

学生の皆さんには「大地震対応マニュアル」を配布しています。大地震が発生した際、どのような行動をとればいいのか、参考にしてください。

マニュアルは毎年4月に新入生に配布します。一度お渡ししたものを卒業まで使用してください。大きな改訂があった場合は2年次以上の学生の方にも配布します。財布や手帳に入れ、必ず携行してください。

もし紛失してしまった場合は、総務課(目白キャンパス)又は西生田総務課(西生田キャンパス)で再配布しますのでお越しください。

また、以下からPDF版を見ることができますので、ご家族の方にも事前に伝え情報を共有してください。