メニュー


活動内容



私たちWASAは日本女子大学と早稲田大学理工学術院の公認サークルです。

このサークルではロケット・鳥人間・天文・電装の4つのプロジェクトに分かれて活動を行っております。自分のやりたいことがあれば同士を募ってプロジェクトを発足させることも出来ます。

WASAは1965年に設立された歴史あるサークルであり、現役会員と社会人OBOGの先輩方との交流も盛んに行われています。



入部を希望される方へ



理系の方はもちろん文系の方もお待ちしています!

ものづくりや天体に少しでも興味があれば、ぜひ一度見学にいらしてください!

WASAのホームページやTwitter、もしくは各プロジェクトのホームページやTwitterまで、ご連絡をお待ちして

おります!

 宇宙 -そら- に興味ありませんか?



年間行事



4月

新歓

5月 新歓、試験飛行(鳥人間)
6月 試験飛行(鳥人間)
7月 試験飛行(鳥人間)、鳥人間コンテスト(鳥人間)
8月 能代宇宙イベント(ロケット)、夏合宿(天文)
9月 離島観測会(天文)、全プロジェクト合同合宿
10月 目白祭
11月 理工展、空まつり(ロケット)
12月 燃焼実験(ロケット)
1月  
2月 春合宿(天文)
3月 種子島ロケットコンテスト(ロケット)


天文プロジェクト



天体観測だけでなく、ものづくりサークルのプロジェクトとして天文に関する様々な創作活動も行っています。

授業期間中は全員が集まる通常活動を主に行い、休業期間中にはそれぞれが思い思いの班に所属し、班活動に打ち込んでいます。機材班や星図班、レンズ式プラネタリウム班などをはじめとする6つの班があり、兼班も可能です。

定期的に星空の観測会も行っており、保有する機材とともにさまざまな地域へ足を延ばしています。

星が好きな方、ものづくりが好きな方など、幅広い方を受け入れられるプロジェクトです。



鳥人間プロジェクト



鳥人間プロジェクトは人力飛行機を設計・製作し、夏に琵琶湖で開催される鳥人間コンテストに出場して優勝することを目標に活動しています。全員が翼班、プロペラ班、フェアリング班、駆動・フレーム班、電装班の5班に所属し、和気あいあいとした雰囲気で日々製作に励んでいます。皆で協力して、立派な人力飛行機を創り上げて飛ばすよろこびは、ここでしか、いましか体験できないものです。大学生の青春が、私たちの活動には詰まっているといえます。

単なるものづくりだけではない、ものづくりのプロジェクトです


ロケットプロジェクト



ロケットプロジェクトはハイブリッドロケット、モデルロケット、カンサット、ロックーンの4つの製作に励んでいます。8月は秋田県能代市で行われる能代宇宙イベントに、3月には種子島で種子島ロケットコンテストに出場しています。それ以外にも11月に野田市にて行われる空祭りに参加するなど、精力的に活動をしています。

ハイブリットロケットは年に1,2回、北海道でエンジンの燃焼実験を行っています。

文系でも、詳しい知識がなくても、どなたでも自由に参加することができます。



観測会での写真です。(天文プロジェクト)

 

制作しているレンズ式プラネタリウムのドームです。(天文プロジェクト)

 

試験飛行を行った時の朝日と機体です!(鳥人間プロジェクト)

 

 2017年鳥人間コンテストに出場しました。(鳥人間プロジェクト) 

 

制作したモデルロケットです。(ロケットプロジェクト) 

 

制作したCanSatです。(ロケットプロジェクト)