メニュー


活動内容



私たちWASAは日本女子大学と早稲田大学理工学術院の公認サークルです。
このサークルではロケット・鳥人間・天文・電装の4つのプロジェクトに分かれて活動を行っております。自分のやりたいことがあれば同士を募ってプロジェクトを発足させることも出来ます。
WASAは1965年に設立された歴史あるサークルであり、現役会員と社会人OBOGの先輩方との交流も盛んに行われています。



入部を希望される方へ



理系の方はもちろん文系の方もお待ちしています!
少しでも、ものづくりや天体に興味があればぜひ一度様子を見に来てください!
WASAのホームページやTwitter、もしくは各プロジェクトにホームページやTwitterアカウントがありますのでそちらに連絡をお願いします!

宇宙 -そら- に興味ありませんか?



年間行事



4月

新歓

5月 新歓、試験飛行(鳥人間)
6月 試験飛行(鳥人間)
7月 試験飛行(鳥人間)、鳥人間コンテスト(鳥人間)
8月 能代宇宙イベント(ロケット)、夏合宿(天文)
9月 離島観測会(天文)、全プロジェクト合同合宿
10月 目白祭
11月 理工展、空まつり(ロケット)
12月 燃焼実験(ロケット)
1月  
2月 スキー合宿(鳥人間)、春合宿(天文)
3月 種子島ロケットコンテスト(ロケット)


天文プロジェクト



天体観測だけでなく、ものづくりサークルのプロジェクトとして天文に関する様々な創作活動も行っています。
授業期間中はメンバーみんなが集まる通常活動を主に行い、休業期間中はメンバーそれぞれが思い思いの班に入って班活動に打ち込んでいます。その班の種類も機材班やレンズ式プラネタリウム班など色んな種類の班があり複数入ることも可能です。
定期的に観測会も行っており、いろんな場所に保有している機材とともに出かけたりしています。
また観測だけではなく、ものづくりの面にも力をいれています。
星が好きでも、ものづくりが好きでも幅広い人を受け入れられるプロジェクトです。



鳥人間プロジェクト



鳥人間プロジェクトは人力飛行機を設計・製作し、夏に琵琶湖で開催される鳥人間コンテストに出場して優勝することを目標に活動しています。宇宙旅行も夢ではなくなった今では空を飛ぶこと自体はそれほど魅力のあるものではなくなっているのかもしれません。しかし自分たちで考え、自分たちの手で作り、自分でプロペラを回して空を飛ぶ、この魅力はほかでは味わえないものだと思います。風を読み感じて空を飛ぶということの素晴らしさを多くの人に知ってほしいです。

 



ロケットプロジェクト



ロケットプロジェクトはモデルロケット、小型人工衛星CanSat、ハイブリットロケットの製作を行っています。
8月は秋田県能代市で行われる能代宇宙イベントに、3月には種子島で種子島ロケットコンテストに出場しています。それ以外にも11月に野田市行われる空祭りに参加したりもしています。
ハイブリットロケットは年に1,2回北海道でエンジンの燃焼実験を行ったりしています。
文系でも、詳しい知識がなくても、誰もでも自由に参加することができます。



観測会での写真です。(天文プロジェクト)

 

制作しているレンズ式プラネタリウムのドームです。(天文プロジェクト)

 

試験飛行を行った時の朝日と機体です!(鳥人間プロジェクト)

 

 2016年鳥人間コンテストに出場しました。(鳥人間プロジェクト) 

 

制作したモデルロケットです。(ロケットプロジェクト) 

 

制作したCanSatです。(ロケットプロジェクト)