メニュー


新図書館棟工事について(3)



 新図書館棟の工事は地下1階床部分が終わり、地上1階に作業が移りました。コンクリート打ちを行う前に床の軽量化を図るため、発泡スチロールの球「ボールボイド」を設置します。

 豊坂側では幼稚園への経路となるスロープの工事も進められています。

 工事現場には銀色の網目状金属の日よけがお目見えしました。かまぼこ型の日よけは4枚つなぎ合わせて半円形にします。波打つ金属の日よけとともに現物確認がおこなわれております。



1階の工事現場。「ボールボイド」が床に設置されています。

「ボールボイド」の設置模型。直径17センチメートル高さ23センチメートルの楕円形の発泡スチロール製球体を使用します。

豊坂側のスロープも着々と進んでいます。

かまぼこ型の金属製日よけは網目状になっており、4枚使用して半円型にします。

波打つ金属製日よけも網目状で、流れを感じさせます。

工事に使用する板材には森林管理認証を受けた森林から生産された木材やリサイクル材を原材料として一定の割合以上使用していることを示すロゴマークが記されています。