メニュー


新図書館棟工事について(1)



 新図書館棟の工事現場を紹介します。10月5日(木)に起工式を行い、2か月弱が経過しました。土を掘る準備として『山留(やまどめ)工事』を行い、その後『根切(ねぎり)工事』に着手します。地面から約9メートルほど掘り下げ、2018年1月末までかかる予定です。掘る土の量は、約1万5千立方メートル。新図書館棟の工事現場は附属豊明幼稚園と動線が交差しているため、細心の注意を払って工事を進め、近隣の方々にも安全第一でご理解いただきながら日々作業しています。



現場の様子です。地面を掘削しています。

黒い地層の下に、赤い関東ローム層が見えています。

毎日朝礼が行われる場所には、附属豊明幼稚園の登園・退園時間が掲示されています。安全第一で工事を進めています。

目白通りの歩道側には、タッチパネル式の情報案内掲示板とクリスマスのディスプレイが飾られています。かわいらしいですね。