メニュー


洋画家 高村智恵子(1886-1938)
~美の探究に生きた女性~



本学在学中の智恵子(後列)

卒業後の智恵子<1908(明治41)年3月>



 福島県に生まれた高村智恵子は、福島高等女学校を首席で卒業した後、1903(明治36)年に日本女子大学校普通科予科に入学し、翌年家政学部へ進学します。卒業後は太平洋画会研究所に入所し、油絵を学びました。本学在学時に一級上の平塚らいてうと交流があった関係から、らいてうが創刊の辞を記した『青鞜』の表紙を描いたことでも知られています。

 彫刻家・詩人の高村光太郎と結婚後も、油絵、機織り、粘土彫刻などの創作活動を精力的に続けました。智恵子が晩年夫にささげた紙絵は、芸術作品として今も世代を超えて人々を魅了し続けています。本学・成瀬記念館には、高村光太郎の甥で写真家の高村規氏が撮影した、色彩豊かな紙絵の写真50点が同氏より寄贈されています。

成瀬記念講堂内に設置された、創立者成瀬仁蔵の胸像は、智恵子の夫である高村光太郎の作品です。