メニュー


日本女子大学校歌について



 現在歌われている大学の校歌は、1948(昭和23)年5月20日、大学昇格記念式典にて祝歌として発表。以後、校歌に制定されました。



 旧制時代の校歌は第35回(1935年)創立記念日の音楽会において発表された、「日本女子大学校々歌(其一)」作詞33回生、作曲東京音楽学校で、其一とあるのはこれを第一校歌として、さらに努力し第二の校歌をつくるものとの思いを示しています。この前身と見るべきものには「日本女子大学校学生歌」作詞 学生、作曲 信時潔 があり、1930年5月に作られています。なお、信時潔は慶應義塾の塾歌も作曲しています。



(日本女子大学学園辞典より)


歌詞



日本女子大学 校歌



作詞:古田夏子
作曲:一宮道子



一.
雲間をいずる 朝日かげ
匂うがごとく 新しく
ここに生まれて 日本の
文化をおこす 使命あり
女子大学の その名こそ
永久に我等が ほこりなれ



二.
思えば尊し そのかみに
目白が丘の 伝統を
はじめ給いし 師の君を
み心ふかき み教えを
きよきみ業(わざ)の いま成りて
ねむりますらん 安らけく




桜楓(さくらかえで)の 樹下道(こしたみち)
みどりの風の 吹くところ
自由の鐘の 鳴るところ
自治の光を かかげつつ
理想にもゆる 若人よ
声たからかに 進まばや


歌詞の書き方は原作詞者の同意を得て、新字体・現代かなづかいとしています(1997年2月26日)。



視聴


 


 

 


日本女子大学校歌 (ストリーミング形式) ←クリックすると演奏が始まります
日本女子大学合唱団
桜楓合唱団
他 成瀬仁蔵生誕150年記念音楽祭参加者全員



※このページよりリンクしている音楽データの視聴は、私的利用に限ります。



※音声データの再生には以下の音声再生ソフトが必要です。
Windowsユーザの方「Windows Media Player」: http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/default.mspx
Macユーザの方「Flip4Mac」: http://dynamic.telestream.net/downloads/download-flip4macwmv.htm