メニュー


現代の世界を生きる女性として
自我(アイデンティティ)を確立できるよう支援します



本学は、創立者成瀬仁蔵の信念――「女子を先ず人として教育する」(『女子教育』*)――に基づき、
1901年の建学以来、時代に先駆けて女子高等教育の道を切り拓いてきました。欧米でも男女の不平等が当たり前であった当初から、男女の平等を基本にした「人間」教育を女子教育の第一においたことは画期的で、先入見や旧弊に囚われず、時代をリードする「婦人」「国民」としての自覚・矜持を促すものでもありました。



女性の社会進出がむずかしい時代から、さまざまな分野でパイオニアを生み出し、女子総合大学として、家政学部、文学部、人間社会学部、理学部、さらに早い時期から大学院も創設し、多方面で活躍する卒業生を輩出し続けています。



それぞれ社会や家庭の中核を担う卒業生にとって、本学で身につけた三綱領「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」の精神と、一人一人を見つめたきめ細かな教育は、卒業後も人生の支えになっています。



成瀬仁蔵の教育理念 「三綱領」



三綱領


*――「女子を先ず人として、第二に婦人として、第三に国民として、教育する。この順序を間違えてはならない」(『女子教育』)
という言葉の中に、当時の社会通念である旧弊な性的役割分担や、国是としての愛国主義に優先する、教育の上での男女平等を説いたのです。――

こうして本学は、創立期から今日にいたるまで、困難な時代も乗り越え、緑豊かな目白台と西生田の地に、自由闊達な学びの場を営み育て、いまや国内最大規模の女子大学として発展を遂げ、2001年に創立100周年を迎えました。送り出した卒業生の数とネットワークは、女子高等教育機関としては、世界でもトップクラスを誇っています。



激動の時代にあっても固有の能力を発揮し
存在意義を主張する



このような伝統を持つ本学の新たな100年に向けて、
いま私たちは、
激動の時代にあっても固有の能力を発揮し
存在意義を主張するため、
ここに新たな基本理念を書き加えようとしています。



従来からの本学の設立目的である、



「平和的な国家および社会の形成者育成のために、広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究し、その応用能力の展開をはかるとともに、人格の完成につとめること」
「そのために、教育研究水準の向上を図る」(日本女子大学学則第1条、第2条)



ことに変わりはありませんが、生命と他者性の尊重という現代の基本的価値に根ざして、グローバルな、また身近なコミュニティにおいて、リーダーシップや独創性を発揮できる女性を産み出すべく、教育・研究活動、社会貢献活動に努めています。



幼稚園から大学院までの一貫教育、50余年の歴史を持つ通信教育課程、地域に根ざし社会に開かれた生涯学習センター、国内外の教育機関との多様な連携においても、同じ信念が貫かれています。



時代の変遷につれて、女子教育の意義も変わっています。競争と戦争に明け暮れる現代社会の硬直状態を打開するには、今こそもっと女性の潜在能力を生かしていく必要がありましょう。



時代の変化や多様な価値観に対応できる
フレキシブルな感性を育成する



したがって本学の使命は、
先の三綱領に基づく全人教育に加え、
現代社会が抱えるさまざまな課題の解決に役立つ
高い専門的能力と、
それを生かすことのできる応用力と表現力、
時代の変化や多様な価値観に対応できるフレキシブルな感性を
育成することだと考えます。



いまだに女性の社会進出や、仕事と家庭の両立がむずかしい今日の日本にあって、本学の学内外のネットワークは、障碍(しょうがい)を乗り越えるための大きな支えとなり、また、数多くの自立した女性のモデルを身近に見る機会を与えています。こうして、本当の意味で「男女共同参画社会」が実現するまで、本学が社会で果たすべき役割は大きいのです。