メニュー


青島広志のとっておき講演会



 6月14日(金)小桜会主催の『青島広志のとっておき講演会』を行いました。青島広志先生とテノール歌手の小野勉さんをお招きし、第一部では保護者向けにお子様への音楽の差し上げ方についてのお話をしていただきました。保護者が子どもに弾き聴かせる曲の参考として、ブルグミュラー25曲の練習曲を例に、曲のストーリーと共に演奏を聴くと情景が思い浮かびました。メロディーを聴くだけではなく、その背景を知ることで音楽の世界が広がることを実感しました。

 第2部は音楽会です。園児も参加し、『さっちゃん』『うみ』『ゆき』など、令和の時代になっても長く親しまれている歌を一緒に歌いました。その曲にまつわるエピソードも子どもたちにわかりやすくリズミカルにお話してくださり、曲に込められた思いも感じることができました。また『エリーゼのために』ではベートーベンの人生に触れ、『人形の夢と目覚め』では語りと共に可愛らしい人形を思い浮かべながらピアノ演奏に耳を傾け、クラシック音楽を身近に感じ、子どもたちも楽しんで聴き込んでいました。

 楽しく聴く、歌うだけではなく、歌や音楽の様々な側面に触れることのできる大変貴重な経験となりました。