メニュー


子どもの日の集まり



 5月2日(水)子どもの日の集まりを行いました。各学年伝統的な遊戯を披露します。 毎年同じ遊戯を行なうことで、進級し学年の上がった年中長児は、昨年、一昨年を懐かしみ、歌を口ずさみながら、微笑ましく様子を見守っています。懐かしむと共に大きくなった自分たちの成長も感じているようです。保護者の方々も同様に一年が経ち、昨年と同じの遊戯を小さな子どもたちが踊っている様子を見ながら、我が子の成長を感じ、胸を熱くされたようです。

 伝統的な曲を大事にしていくことで、この子どもの集まりを通して、保育者も保護者も子どもたちの成長を確認し合う良い機会となっています。今年もぐーんと大きく成長することが、今年も楽しみです。 プログラムの最後は、年中組・年長組のペア、ばら組は親子で『金太郎』を踊ります。力強く踏ん張り、相撲をとります。金太郎のように優しく力強く、大きくなってほしいと願っています。



年少組 『子どもの日』

ぐーんと大きくなりたいね~♪

ぐーんと大きく背伸びをします。これから大きくなるのが楽しみです。



年中組 『こどもの日に』

元気にあそぼうなーかよくあそぼう♪

クラスの友だちと二人組で踊ります。顔を見合わせて踊る姿は、とても嬉しそうです。年中組になってクラス替えがあり、子どもたちは張り切っています。



年長組 『こいのぼり』

大きなお口をぱっくりこ♪

内側、外側の二重の円が回る様子は、矢車を表しています。指先まで意識を集中して踊ります。