メニュー


2017年度 中学校生活レポート



1年 墓参(5月8日)



晴天に恵まれた5月8日、1年生73回生は目白にある日本女子大学のキャンパスを訪れました。

まず大学の教室で副校長先生からお話を伺いました。入学して1ヶ月が経った今、友達のことや学校のことなど不安な気持ちを拭ってくださるような、中学校生活を有意義に送るための様々なお話がありました。また、成瀬記念館について、貴重な資料が納められていることや見学に関する諸注意を伺いました。

その後、クラスごとに成瀬記念館の見学をし、雑司が谷霊園にある成瀬先生のお墓に行きました。代表者による決意の後、1人1人が墓碑の前で中学校生活に対する決意を誓いました。

 

<代表者の決意>

入学式から1ヶ月が経ち、私達は少しずつ中学生としての自覚を持ち始めました。そんな中、今日こうして成瀬先生に私達の決意をお伝えできることをとても嬉しく思います。

私はこれから、三綱領を意識した生活を送りたいと思います。充実した中学校生活を送る上で、まず大切なのは「本当の自分を知り、創ること」だと思います。誰にでも自分の嫌なところがあると思いますが、それはいくらでも変えられることです。自分がどのような人になるか、どのように生活するかを、周りに左右されることなく自分で決められる、そんな人になりたいです。



副校長先生のお話

成瀬記念館の見学



大学の寮を通って雑司が谷霊園へ

成瀬先生の墓前で決意を誓いました