メニュー


2017年度 中学校生活レポート



3年 年間研究発表会(2月20日)



本校の3年生は、三年間の集大成として自分の興味あるテーマに沿って研究をする「年間研究」を行っています。4月にテーマを決め、担当教員のアドバイスを受けながら約1年かけて研究を進めてきました。その中の代表者が発表会を行いました。

発表会ではパワーポイントを使用し、わかりやすく自分の研究成果を伝えました。発表者は自分で体験することを通して研究を深めていっており、3年生はもちろん、これから研究を行う下級生は大いに刺激を受けたようです。

3年生全員の研究成果は2階の教室前に展示され、全校生徒が興味をもってその作品を見ています。

 

研究発表のテーマ

・高尾山の魅力

・駅弁から探る地域性

・着物の生地調べの旅-染め・絞り-

・Robotics

・日本の甘味資源~砂糖と私たちの関わり~

・日本舞踊 伝統と発展

 

【生徒作成プログラム】より

年間研究とは、自分が決めた目的を達成するために1年間自分の研究テーマと向き合い、そこから新たな発見をしたり新たな知識を得ることのできる学習です。研究のテーマは人それぞれで、自分の好きな事や趣味、興味のあることなどから1年を通して深められると思ったものをテーマとして選び、様々な形で研究を進めてきました。「1年を通して研究すること」ももちろん大切なことですが、私は、自分が進めてきた研究を本日の年間研究発表会のように皆に発信することで、より年間研究の意味が深まると思います。研究するだけで終わるのではなく、それを発信することは本校ならではの特色であり、このような発信する場を設けて皆でこの空間を共有することは、創立者成瀬先生の教えである「信念徹底」「自発創生」にも繋がるのではないでしょうか。

 



全校生徒が発表を聞きます

駅弁をさまざまな角度から考察



着物の染めと絞りを体験

「屋敷娘」の実演



発表者に質問

全員の年間研究が展示されています