メニュー


2019年度 中学校生活レポート



2年 国際理解 講演会(1月16日)



今年もアフガニスタン復興支援のためのNPO「カレーズの会」を設立され、ご自身もお医者様であるレシャード・カレッド先生をお招きして、「アフガニスタンの教育と医療の現状~今、私たちに出来ること~」という題で講演をして頂きました。

 

先生はご自身の経験をふまえて、図や資料を用いてわかりやすくアフガニスタンの現状を教えて下さいました。世界平和や自国の平和と繁栄を他人事ではなく、自らの積極的な参加で維持することが大切だとおっしゃっていました。周りに関心を持ち、自分に出来ることを出来る範囲で行うことが第一歩です。

 

<生徒の感想>

「将来の夢は何ですか?」「...僕は生きたい」レシャード先生のお話の中で、アフガニスタンの子どもとのこの対話についてが印象的だった。未来の自分のことについて想像する前に、今を生きることだけで必死なのだ。生きていられることが何よりなのだというアフガニスタンの現状がこの言葉からよく伝わってきた。私たちは、今を、安全の保障があり、安心して過ごすことができている。それは当たり前のことに思えて当たり前ではないのだ。そんな私たちにできることは「理解と思いやり」であると思う。お互いを理解することを今回の国際理解などを通して深めていきたい。

 



レシャード・カレッド先生

国際理解委員が司会を務めます



様々な質問が生徒から出ました

1つ1つの質問に丁寧に答えてくださいました