メニュー


2018年度 中学校生活レポート



生徒会主催 中高合同討論会(7月13日)



1学期末に、中高合同の討論会が行われました。

このような討論会は、昨年、一昨年に続き、3年目になります。中高合わせて100名以上の生徒が参加し、活発に議論を交わす時間となりました。

 

まず第1部は小討論です。「勉強」「将来」「自治」「時間とお金の使い方」「難民・貧困」「恋愛」といった8つのテーマから、各自興味のあるものを選び、グループに分かれました。身近なことから広く社会や世界に関することまで、幅広いテーマが設定されたことで、1人1人がそれぞれの興味関心に沿って活発に意見を出すことができたようです。

第2部は参加者全員で行う大討論です。小討論での議論を発表した後、それをもとにして「学校生活における豊かさ」というテーマで議論を交わしました。高校生のリードのもと、抽象的なテーマでありながらも深みのある議論ができた様子でした。

 

毎日の生活の中で、中高の生徒が直接的に関わる機会は多くありませんが、このような中高合同討論会をきっかけに、お互いの生活を垣間見ることで、中学生は自分達の歩む将来の姿を思い描くことができるようです。とても充実した時間となりました。 



第1部グループごとの小討論

付箋に意見を書いていきます



相手の意見を真剣に聴きます

中高の自治の在り方を比較



全体に向けて意見を発信します

高校生の意見にも耳を傾けます