メニュー


あたたかいお話



新しい陶芸窯

いつもより暖かい11月からがらりと季節は進み、12月は冬らしい天気が続いています。
そんな寒空の中、中学校・高等学校芸術科には新しい陶芸の窯が設置されました。
現在中学校3年生では、陶土を使って小箱を製作しています。写真に写っているのは、これから本焼きを控えた作品たちです。釉薬をどっぷりかぶり、生徒たちが作った細やかな装飾は姿が見えなくなっていますが、本焼きを経てきっと楽しい作品が生まれてくるでしょう。
本焼き後の作品は、中学校生活レポートで紹介いたします。

美術科 工藤

 



リレーエッセイ一覧