メニュー


音楽科



週2時間の授業は声楽とバイオリン。声楽は世界の名曲を正しい発声法で歌い、音楽の楽しさ、合唱の美しさを体験。バイオリンは楽器の扱い方からさまざまなテクニックまで学び、音楽会でその成果を披露します。



中高6年間の主な授業内容



中学1年 (声楽)発声の練習 地声から裏声へ/音程とリズム/固定度の譜読みの練習
(器楽)ヴァイオリンの持ち方、姿勢、音の出し方
中学2年 (声楽)音楽会の曲 七色の輪の中に/光の中へさあ君と 等
(器楽)調弦の仕方、より美しい音を求めて運指、運弓、重音音程の練習
中学3年 (声楽)音楽的な幅を広げる
(器楽)新たな曲の開拓  カイザー練習曲/ザイツの学生協奏曲 等
高校1年 <必修>音楽総合(声楽) 発声の基本練習、コールユーブンゲン、アンサンブル、合唱
高校2年 <芸術選択>音楽II(声楽) 発声、声楽の基本(器楽)管弦楽曲の演奏、アンサンブル
高校3年 <芸術選択> 音楽III(声楽)発声/声楽演奏研究会(器楽)管弦楽曲の演奏、アンサンブル