メニュー


高校生活レポート




成瀬先生告別講演記念瞑想会(2019/1/23)



1月23日(水)、成瀬先生告別講演記念瞑想会が大ホールにて行われました。奏楽、O’Lord! Correct Meの合唱の後、副校長先生より告別講演の意義についてお話がありました。1919年1月19日、死期を悟られた成瀬先生が学園の後継者を集めてご自身の思いを伝えられたこと、本日はそれを記念して行われる大切な講演会であることのお話がありました。
続いて、本校の出身で理学部物質生物科学科教授の永田典子先生に、「女子大学で学ぶ意義~生物学から紐解くメスとオスの違い~」と題した講演をしていただきました。
先生のお話は生物学の観点からメスとオスの違いを見てみると、女子校で学ぶことの意義が見えてくるという、とても興味深いものでした。「メスとオスの違いは何でしょう」という問いかけから始まり、最後は「女子校では男女の別を意識せず、個人の特性や好みを生かしてリーダーシップを発揮することができます。そのような経験を積んでおくと、いざ社会に出て壁にぶつかったとき、むしろ冷静に対処できるのです」という、本校生徒にとって大変勇気づけられる言葉で、講演は締めくくられました。



永田先生の講演

成瀬先生を偲んで白いフリージア