メニュー


高校生活レポート




森林清掃(2018/3/1)



例年、学年末試験の最終日に森林清掃と焼き芋を行っています。森林清掃では生徒が生田の山の雑草を刈る等して山を手入れしていきますが、今年はあいにくの天気で清掃は実施することが出来ませんでした。そこで、今回は中高グラウンドで焼き芋のみ行う運びとなりました。試験最終日の放課後、生田の落ち葉をふんだんに使って、ドラム缶でいくつものサツマイモを焼いていきます。寒空の下、時折火加減を調整しながら生徒は芋が焼きあがるのをじっくり待ちます。試験で疲れた心身を煙に包まれつつ一年間を振り返る生徒の姿を見ると、今年度も終わろうとしていることを実感します。このような企画が実施できるのも本校の環境ならではなのかもしれません。



生徒の言葉:

天気に恵まれず森林清掃が実施できなかったのは残念でしたが、全身をいぶされながら焼き上げたサツマイモは香ばしく、ほくほくしていてとてもおいしかったです。一年生から三年生がそれぞれに楽しむことができたようで、一年間の終わりに皆で楽しい思い出が残せたと思います。