メニュー


高校生活レポート




WAN(2018/1/28)



本校を会場として、青山学院高等部・青山学院横浜英和高等学校・日本女子大学附属高等学校の三校が主催する、WAN討論会が開催されました。首都圏各高校より約80人もの参加者が集まりました。「高校生のわたしと社会の私」というテーマのもと、午前の部は、「未来の私のために今の私ができること」「無理のない高校生活」「家族ともっと仲良くなろう」など7議題、午後の部は「明日からはじめる社会貢献」「高校生が考える、若者の投票率の上げ方」など6議題が設けられ、参加者は議題ごとの小グループで議論を深めました。



小グループでの討議

当日資料



生徒の言葉:

・今までは自分の意見を決めつけていましたが、様々な他者からの意見を聞くことで視野が広がり、多様な考えができるようになれたと思います。

・WANの参加は3回目でしたが、午前午後共に充実した話し合いができたと思います。特に午前の話し合いでは、班員が全員女子だったこともあり、とても盛り上がりました。将来についての議題だったのですが、同じ年代の女子同士でも、価値観や考え方に個性が見られて刺激的でした。普段はあまり真面目に話す機会の無い話題でしたが、じっくりと意見を言い合うことができ、有意義な討論になったと思います。楽しかったです!

・今回は運営としてWANに携わりましたが、当日まで慌ただしく、思い通りにいかないこともありました。しかし、その分とても成長することができ、達成感でいっぱいです。

・今回は運営のサポートとして参加しましたが、多種多様な話し合いの中で、参加者が楽しそうに討論に参加してくださっているのを見ると、とても嬉しかったです。