メニュー


高校生活レポート




2年生日本女子大学研究室訪問(2017/12/1~7)



後期中間試験最終日より、2年生が日本女子大学の研究室を直接訪問する「日本女子大学研究室訪問」がはじまりました。高校生のうちに大学の研究室を訪れることができる、附属校ならではの貴重な機会です。12月1日~12月7日までの6日間のうち大学の先生方が高校生のために設定してくださった時間に出かけました。各訪問先の施設の見学や授業・研究内容の具体的な説明によって、イメージで大学生活や大学でのカリキュラムを思い描いていた生徒たちにもかなり現実的に、自らの適性などもふまえ、進路について考えることができるようになります。そのため3~4つ研究室を訪問した生徒もいました。



生徒の言葉

貴重な資料などを見せていただきながら学科についての理解を深めることができました。学科についての説明のみならず、大学生活についてもお話ししていただき、今後について考える良い機会となりました。(日本文学科)

建物内には色々な部屋があり、一番印象に残ったのが、子どもを部屋で遊ばせて観察するというのに驚きました。私は子どもが好きなのでより興味をもちました。(児童学科)

充実した設備や実際に実験している様子、現役大学生のお話を伺えて物質生物科学科の魅了がとても伝わった。参考程度に見るつもりが、とても行きたいと思い始めるようになった。(物質生物科学科)