メニュー


高校生活レポート




夏季クラブ合宿(2017/7月下旬)



合同合宿は全校生徒の半数以上に当たる、約600名計18クラブが参加する、本校の一大イベントの1つです。日中は校内で活動し、4泊5日の寝食を共にし、クラブ内の団結を高め、団体行動を学びます。人数確認や時間厳守は元より、食事の配膳や掃除洗濯に至るまで生徒が責任を持って行います。
一方でクラブによっては強化練習や引退式・代替わりの意味も持つ行事です。
 合同合宿は、各クラブ2名以上の合宿マネージャーが準備段階から携わる事によって成り立っています。クラブによっては50人を越える大所帯のクラブ
もありますが、彼女達が責任を持って伝達・統率する事によって円滑な活動を行う事が可能となっています。各合宿マネージャーの負担は相当の物ながら、本年も気持ちよく仕事に勤しんでくれたました。マネージャー達の誠実な働きと晴天に恵まれ、本年は途中離脱者も殆どおらず、充実した合宿になったのではないか、と思います。



 

生徒の言葉 クラブ連盟委員長

合同合宿ではクラブが四泊五日を共に過ごしました。1人では苦しいことでも、仲間と切磋琢磨し合いながら乗り越えたことで、周りに自分を支えてくれる存在があることの大切さを感じました。各クラブ、この合宿で得られた自信や課題を、今後の活動につなげていってほしいと思います。

 


以下のクラブは単独合宿を行いました。



美術

天文



生物

写真



フィギュアスケート

硬式テニス



バレーボール

バドミントン



ワンダーフォーゲル