メニュー


東日本大震災義援金に関するご報告

2015年度の義援金の配分などについて

 学校法人日本女子大学は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災した本学学生・生徒に対して支援の手を差し伸べるため、学園関係者に対して義援金のお願いをいたしました。多くの学園関係者および目白会、(一社)日本女子大学教育文化振興桜楓会のご協力により、最終的に総額19,103,500円にのぼる義援金を賜り、4年間にわたって支援して参りました。ご援助・ご協力を賜りました皆様に、心から御礼申し上げますとともに、2015年度の義援金の配分などについてご報告申し上げます。

 2015年度の義援金の配分に関しましては、学内で慎重に検討させていただき、通学課程8名の方に各10万円、通信教育課程4名の方に各5万円、附属高等学校1名の方に10万円を修学支援金としてお渡しさせていただきました。

 本学では今後も、義援金による東日本大震災被災者への支援を継続して行って参りますので、残金を次年度も同様の支援に使わせていただきたく存じます。なにとぞご理解・ご了承のほど、お願い申し上げます。

 今後とも、被災した学生・生徒を温かく見守ってくださいますよう、お願い申し上げます。

2015(平成27)年12月
学校法人日本女子大学
理事長 佐 藤 和 人