メニュー

一貫教育


幼稚園から大学まで系統立てた教育



本学は附属豊明幼稚園(1906年創立)、附属豊明小学校(1906年創立)、附属中学校・附属高等学校(ともに昭和22年に高等女学校を改編)、大学(1901年)からなる一貫教育を行っております。
中学・高校の前身の高等女学校は大学創立と同じ1901年に作られ、創立者の成瀬仁蔵が、本学の設立当初から一貫教育の構想を持っていたことが伺われます。成瀬は幼稚園から大学まで系統立てて教育する必要性を感じ、多くの世代にわたって創立者の教えを浸透させようとしました。
他大学に先駆けて創立者の理念に基づいて作られた一貫教育は、現在も本学の特色となっています。
幼少期、思春期、青年期とその時期にしか感じ得ない成瀬仁蔵の教えを段階的に学び、体得できる教育体系が完成しております。



一貫教育がなせる、理想の教育環境



人間としてもっとも大事な成長期を受験のみに費やすことなく、人が精神的に豊かに生きていくということ、女性が自立して生きていくということをじっくりと考える環境があります。そこに一貫教育のよさがあります。そこで、自分の道を見極め、知識や視野を広げ、さらには卒業後の生涯学習へと続く、雄大なスケールの一貫教育が実現できる理想の教育環境があります。