メニュー


みんなの様子



【理科】4年生 川の学習「下流編」



川の学習「下流編」として、多摩川の河口にあたる川崎市小島新田に行きました。まず下流や河口の特徴を学習するために、川崎市環境総合研究所で「アサリの浄化実験」や「川崎市の環境的な視点から見た歴史」「河口付近の環境」についてお話を伺いました。あいにくのお天気でしたので、干潟には降りることはできませんでしたが、川幅や流れる水の速さや向き、泥が堆積していること、植物や鳥などを観察することができました。その後の授業で、1学期に見学した上流・中流と合わせて、多摩川を題材とした川の学習をまとめました。

実施:2019年11月27日(水)



環境総合研究所での学習

下流の様子を観察しています