メニュー


みんなの様子



【4年生】清掃工場・埋立地見学



4年生は社会科で「ごみのゆくえ」について学んでいます。私たちが出したごみは、どのように処理されて、最終的にはどこへ行くのか。11月13日(水)にはその場に行って、実物を見学してきました。

午前中はまず品川清掃工場へ。ごみ収集車が次々と車体ごと計量されている様子を見た後、巨大なごみバンカに投入されたごみが巨大なクレーンで焼却炉に投入される様子を、みな息をのんで見つめていました。モニターが並ぶ制御室や環境に配慮した排ガス処理装置、熱や灰の利用についても学びました。

午後は中央防波堤外側埋め立て処分場へ。粗大ごみや不燃ごみの破砕処理の様子を見た後、ごみが30mの高さに積み上げられた最終処分場に行きました。バスから降りて歩いてみると、ごみの山の上なのに全く臭いが感じられず、サンドイッチ工法の効果にみな驚きの声をあげていました。そして、そこから見える新海面処分場が東京で最後の処分場だと聞き、子どもたちは改めてごみを減らそうとの思いを強くしました。

実施:2019年11月13日(水)



品川清掃工場の中央管理室にて

中央防波堤外側埋立処分場にて