メニュー


みんなの様子



【5年生】理科 電子顕微鏡施設 見学



 日本女子大学は附属校園で一貫して、顕微鏡観察を大切にしています。幼稚園にも顕微鏡を備え、附属中学・高等学校に進学後は、さまざまな動植物の各組織を観察しています。5年生の理科の授業では、1人1台の顕微鏡を操作し、1学期にプランクトン、2学期に花粉を観察します。今回は、この観察を踏まえ、大学理学部にある「電子顕微鏡施設」へ見学に行きました。光学顕微鏡では大まかな形しか分からなかったプランクトンも、電子顕微鏡を用いることによって細かいつくりを観ることができました。ミドリムシやケイソウの表面にある美しい模様に感動し、蝶の口についた花粉の精密なつくりに感嘆の声が上がりました。また、花粉の切片を観察したり、試料に白金を塗布する方法などを習う中で、科学の面白さに触れることができました。

実施:2018年12月5日(水)~7日(金)

 



蝶やチャボの羽毛を見ました。

小学校の池のプランクトンを見ました。