メニュー


みんなの様子



【5年生 菅平スコレー】



109回生5年生は、5月15日(火)~18日(金)まで、『菅平スコレー~高原の学校~』を行い、3泊4日の共同生活を送りました。以下児童の日記の言葉より抜粋した概要です。

 

1日目 現地にある菅平小学校5年生との交流の始まりでもあるお餅つきを行いました。大きな臼にもち米を入れて、クラスで輪になって、先生が大きい方、私たちが小さい方の杵でついていきました。みんなの励ましの声に合わせて、張り切ってお餅をつきました。

2日目 根子岳の麓にある牧場を起点に丸一日かけてのハイキングを行いました。「きれいな景色だね。」「きれいなお花だね。」と話しながら登っていたのが、だんだんと疲れていきました。そんな時、お友達と励まし合いながら進んでいくと、向こう側の山に所々にレタス畑のマルチが重なり合って見えるような丘に出ました。菅平の広大な土地を思いっきり見渡すことができ、達成感を感じました。

3日目 グループ活動やキャンプファイヤーを行いました。ネイチャークラフトのグループでは、近くの山のゲレンデで工作に使う材料を集め、家族にプレゼントする分までつくりました。菅平小学校のお友達との共同作品も生まれました。最後に行った発表会では世界にひとつしかない作品を作ることができたなと嬉しく思いました。

4日目 学年みんなで広いグラウンドで体を動かして過ごす、スコレータイムがありました。全員で行った「だるまさんがころんだ」はルールが難しかったですが、楽しい思い出ができました。今回の共同生活では、思いやりを持って行動すること、時には我慢しなければならないこと、協力することの三つを改めて学ぶことができました。菅平での様々な経験、みんなで深めた親睦をもとにして、これからは109回生が一つのチームとなり、上級生としての役割を果たしていきたいと思います。

実施:2018年5月15日(火)~18日(火)



お餅つき

根子岳ハイキング



グループ活動(山菜グループ)

スコレータイム