メニュー


みんなの様子



【4年生】社会科見学「ごみのしょりと利用」



 「ごみのしょりと利用」の学習で有明清掃工場と中央防波堤外側埋め立て処分場の見学に行きました。この見学で、私たちが普段出しているゴミがどのように処理され、最終的にはどうなるのかを実際に見ることができました。
 有明清掃工場では、工場を案内していただき、実際にゴミが集まっていく様子や、焼却処理をしている様子が見られました。子どもたちは、焼却処理をするとゴミのかさが1/20になるということに、とても驚いていました。
 埋め立て処分場の見学では、粗大ゴミ破砕処理施設も見学しました。粗大ゴミで出たマットレスは、スプリングがあるため機械に入れることができず、手作業で中のスプリングを取り外していました。
 埋め立て処分場は、あと50年でいっぱいになります。できるだけ長く使えるようするために何ができるかを、子どもが自分の目で確かめたことから考えてほしいと思います。

実施:2017年12月11日(月)



埋め立て処分場

埋め立てられたゴミ