メニュー

川の現地学習(下流)【理科・4年生】


みんなの様子



川の現地学習(下流)【理科・4年生】



干潟館スタッフの方がお話しして下さりました。

 流れる水の働きの学習として、川崎にある大師干潟へ行ってきました。
 多摩川の最下流である大師干潟は、同じ川でも上流・中流とはまるで違った姿をしていました。1学期に、上流の鳩ノ巣渓谷で見た大きな岩が、川の流れによって海に運ばれるまでには細かく砕かれ干潟を形成する泥となっていることを目の当たりにし、子どもたちは水の流れの力を実感できました。

 干潟を訪れるのは初めての子どもも多く、ドロドロの足場に驚いた様子も見られましたが、干潟館スタッフの方々に、たくさんのカニやシジミが泥の中に潜んでいることを見せていただくと、大興奮で石の下などを探っていました。

 また、空港近く都会のただ中にある干潟が、こんなにも生き物が豊富な場所であるということにも驚くと共に、人の生活と密着したところでそれを活用しながら生きている生き物の力強さにも感心させられる体験でした。



泥の中、石の下を探します。

カニをたくさん見つけました。