• 入学希望の方
  • 在学生の方
  • 卒業生の方
サイトマップ



家政学部通信教育課程
トップページ 学習・学修方法(通信教育課程)スクーリング(面接授業)

スクーリング(面接授業)


面接授業(スクーリング)は、テキスト学習ではできない実習・実技・語学などを中心に履修します。教員から直接指導を受けながら学ぶことができるので、いっそう理解が深まります。また、担当教員のほか、様々な教員や友人とも知り合うことができ、その交流を通じて、さらに学ぶ意欲が刺激されます。目白キャンパスでの生活で、伝統と歴史を誇る日本女子大学の校風を身をもって体験することができます。
※時間割の重複、人数調整等により、希望する科目が受講できない場合があります。


 

スクーリングの授業時間と単位


卒業に必要な単位のうち、1年次入学の場合は30単位以上(*)をスクーリングで修得します。
1) 講義・演習 …………… 30時間(6日間)の授業をもって2単位とする。
2) 実験・実習・実技 ……   30時間(6日間)の授業をもって1単位とする。

*2年次編入学者:23単位以上 3年次編入学・3年次学士入学(卒業コース):15単位以上


スクーリングの種類


スクーリングには、「夏期スクーリング」「土曜スクーリング」「集中スクーリング」「夜間スクーリング」「通年スクーリング」「通学科目スクーリング」の6種類があります。
以下の項目で、くわしく説明しています。




2017年開講科目日程・時間割



夏期スクーリング 

土曜スクーリング

集中スクーリング

夜間スクーリング(2017年度開講なし)



夏期スクーリング


夏期スクーリングは8月上旬から8月下旬(日曜日を除く)の約1カ月間、目白キャンパスで1期(週)6日間、計4期にわたり行われます(2017年度開講予定は8月7日(月)~9月2日(土))。およそ90の授業科目が開講され、その中から1年に8科目まで受講することができます。長期間の出席が難しい場合は、1科目だけの受講ももちろん可能です。
授業は連続した6日間(月~土曜)の午前(9:00~12:55)または午後(13:55~17:50)に開講しますので、1週間の通学ができれば2科目の履修が可能です(全4期で最高8科目まで履修可)。学習の評価は試験・リポート・作品提出等により行われ、合格すると、1科目修得となります(講義科目は2単位、実験・実習・実技科目は1単位)。

また、スクーリング期間中の昼休みを利用して、テキスト科目担当教員による「学習ガイダンス」を開催し、その科目を学習する際のポイントやアドバイスなど、具体的な学習方法が指導されます。
翌年度の夏期スクーリング時間割は例年2月下旬にホームページ、続いて『女子大通信』3月号誌上で公表します(毎年度更新)。 


 

軽井沢卒業セミナー


軽井沢卒業セミナーは、卒業目前の最終年次生(受講年度の9月または3月に卒業見込の者)が「軽井沢三泉寮」(本学施設)を利用して、2泊3日参加する面接授業です。卒業に向けての必須科目ともなっています。

学長や特別講師による講話、各学科の教員が中心になって進めるグループ討議や対話、また寝食を共にしたふれあい、静寂な環境の中での思索など、通信教育課程の学習の総仕上げにふさわしい人間形成を含む学習内容となっています。豊かな自然に恵まれた環境での軽井沢卒業セミナーは、日本女子大学通信教育ならではの魅力ある授業です。
(軽井沢卒業セミナーの2単位は卒業に必要なスクーリング単位に含められます。)

参考:2015年度の様子



土曜スクーリング


集中授業形式よりも間隔をあけた方が学習効果があがる科目は、土曜日に本学目白キャンパスで土曜スクーリングを開講(約10科目)しています。ただし、土曜スクーリングで開講される授業科目は限られていますので(前期・後期あわせて20科目程度)、土曜スクーリングだけでは卒業に必要なスクーリング単位数を充足することはできません。


土曜スクーリング概要


(1)開講科目数(2017年度)

(2)実施場所

前期土曜スクーリング   9科目
後期土曜スクーリング 11科目

日本女子大学目白キャンパス

(3)授業時間

(4)授業日数と単位

午前の科目   9:00 ~ 12:55
午後の科目 13:55 ~ 17:50

講義・演習              6日・2単位
実験・実習・実技     6日・1単位


2017年度開講予定


土曜スクーリング

開講日(全6日)

前期土曜スクーリング

6月3日・10日・17日・24日・7月1日・8日

後期土曜スクーリング

11月4日・11日・18日・25日・12月2日・9日



集中スクーリング


仕事などの都合で6日間の出席が難しい学生のために、一部の科目について2~4日間の短期集中授業形式の集中スクーリングを目白キャンパスで開講します。年度によって地方で開講することがあります。(2017年度は計17科目開講)


集中スクーリングの開講状況について


集中スクーリングは仕事等をあまり休むことなく短期間でスクーリングを受講したい、という学生の希望を受けて2005年度より始まったスクーリング形態です。

教育職員免許状取得のための科目を除き、所属する学科にかかわらず選択できる科目を多く提供しています。
土・日曜日・祝日に開講する集中スクーリングには、各地域・周辺に居住する学生に限らず、全国から多くの学生が出席しています。



夜間スクーリング


前期または後期の月曜~金曜日の同一曜日に週1回90分(18:30~20:00)の授業を目白キャンパスで行います。
2017年度は開講しません。
 





通学科目スクーリング


平日の昼間に通学可能な学生が、通学課程の一部の授業を受講することができます。

受講できる学生は所定の単位を修得済みの3年次以上の正科生であり、所属学科の成績審査に合格した学生です。(教育職員免許状の申請には使用できません。)