もみの木会


 「もみの木会」は、日本女子大学家政学部通信教育課程の卒業生団体で、1968年(昭和43年)に設立されました。

 通信教育課程の学生は、それぞれ就学期間や環境・年齢が異なり、卒業後、母校や桜楓会との交流が途絶えがちになってしまいます。

 そこで、共に学んだ縁を大切にし、卒業後も手を携えたいと願い、「もみの木会」を設立しました。

 

 「もみの木会」の名称は、軽井沢三泉寮の「大もみの木」に由来しています。現在の会員は、全国に1,500名おり、継続的に活動しています。

 主な活動は、会報の発行、総会、講演会のほか、新年会、秋の親睦会では100名あまりの方が一堂に会し、相互の連携を図り、親睦を深めております。