• 入学希望の方
  • 在学生の方
  • 卒業生の方
サイトマップ



家政学研究科通信教育課程家政学専攻
通信教育課程 大学・大学院 大学院(通信教育課程家政学専攻)について大学院(通信教育課程家政学専攻)の特徴

大学院(通信教育課程家政学専攻)の特徴


「家庭科教育」「家庭管理・経営」「衣生活」「食生活」「住生活」「児童発達」「消費・環境」「学校教育」の8つの研究領域を中心に、広く生活全体に目を向け広範囲な視点から教育研究することを目的としています。
本専攻は、教育の現場において家庭科教育を担うスペシャリストの養成と広範囲な視点から家政学を捉えることができる研究者の養成を目指しています。

また、家政学の教授法を中心に周辺領域を関連付けて教育研究する趣旨から、家庭管理・経営、消費・環境、学校教育の分野を取り入れ、総合的にバランスを考えたカリキュラム編成が特徴です。
本専攻を修了した方は、修士(家政学)の学位が授与されます。


8つの研究領域


家庭科教育領域

 今日の家庭・家族、生活の諸側面について浮き彫りにされている社会的問題を、実践的研究課題として取り組み、家庭科教育に関する理論的、実践的な学修を進めます。

家庭管理・経営領域

 現代社会の多様な生活のあり方を捉え、生活の管理主体としての生活資源を家庭及び社会資源の観点から、家庭管理・経営の構造と課題を学修します。


衣生活領域

 衣生活の諸問題について、素材、管理、歴史、美学的な面からアプローチを試み、人間と衣服との関わりを追究することによって、家庭科教育における衣生活のあり方をより深く学修します。

食生活領域

 現在の食による健康障害に関して、人間の体の仕組みと食を中心とする生活様式の矛盾点を明らかにし、どのように生活様式を改善すれば病気が予防できるか学修します。


住生活領域

 少子高齢化、女性の社会進出、変化するライフスタイルに伴う家族や地域コミュニティのあり方を、住居学・生活学の視点から学修します。

児童発達領域

 子どもの発達と心理を中心として研究を行い、理論と実践の両面から、保育・教育を中心とした環境要因の相互作用に関して学修します。


消費・環境領域

 現代の消費生活の現状と問題点を把握し、さまざまな立場からの消費者問題と環境について実践的な学修を展開します。

学校教育領域

 現代社会におけるコミュニティに焦点をあて、社会生活における学校・家庭・地域社会の役割について考究し、子どもの教育における家庭と学校の関係及び役割等について学修します。


通信教育課程家政学専攻のポリシー


ディプロマ・ポリシー/学位授与方針
家政学の各分野に関心をもち、新しい知識を持って今日的課題の解決に臨むことができる。
総合的な判断力を持って研究に取り組み、今後の活動に研究を生かそうとする見通しを持つことができる。
専門分野について意欲的に取り組むとともに、多くの情報を積極的に収集し、活用する意欲と能力を持つことができる。
研究課題の解決に向けて必要な情報を収集整理し、それらを活用して適切に論文として表現できる。
 
カリキュラム・ポリシー/教育課程編成方針
8つの領域及びその関連科目が設定されていることから、積極的に広く履修し、家政学に関する知識を得、理解を深めるようにする。
履修科目に対するリポート課題について、情報をもとに思考、判断し、自らの考えを発表したり、文章化したりできる。 
テキスト科目を主体的に履修し、スクーリング科目では学生間で意見を交換し合い、家政学に対する関心や意欲を育むようにする。
リポート課題やデータ処理などの課題に対し、情報を適切に活用して考察し、論理的に表現することができる。
 
アドミッション・ポリシー/入学者受入方針
家政学分野及びその周辺領域を広く学ぶとともに、専門分野に関する知識を身に付け、理解を深めることができる人。
主体的に学び思考を深めると共に、研究課題の解決に向けて、多面的、客観的、分析的に判断できる人。
常に問題意識を持って課題に取り組み、自分の考えを基に多くの意見を傾聴するなど意欲がある人。
学士課程や社会で培ったことを基盤として、新たな情報を意欲的に収集し、専門分野に取り組む人。