カリキュラム・講義概要


系列 授業科目名 単位数 履修区分 S科目 備考 修了要件
必修 選択 授業
種類
授業
時間

基盤

科目

家庭科教育特論Ⅰ   2 T ・ S 講義 15   4科目
8単位以上
家庭管理・経営特論   2 T      
衣生活学特論   2 H      
食物学特論   2 T ・ S 講義 15  
住居学特論   2 T      
児童学特論   2 T      
消費・環境学特論   2 T ・ S 講義 15  
コミュニティと学校教育論特論   2 H・ S 講義 15  

演習

科目

家庭科教育特論演習   4 T ・ S 演習 30   1科目
4単位以上
家庭管理・経営特論演習   4 T ・ S 演習 30  
衣生活学特論演習Ⅰ   4 T ・ S 演習 30 担当者変更
衣生活学特論演習Ⅱ   4 T ・ S 演習 30  
食生活学特論演習   4 T ・ S 演習 30  
住生活学特論演習   4 T ・ S 演習 30  
児童学特論演習Ⅰ   4 T ・ S 演習 30 隔年開講 2019年度休講
児童学特論演習Ⅱ   4 T ・ S 演習 30 隔年開講
消費・環境学特論演習   4 T ・ S 演習 30  
コミュニティと学校教育論特論演習   4 T ・ S 演習 30  
関連
科目
家庭科教育特論Ⅱ   2 T ・ S 講義 15 隔年開講 2019年度休講 担当者変更  
家族関係特論   2 T ・ S 講義 15    
食教育特論   2 T        
住教育特論   2 T ・ S 講義 15    
地域生活保障特論   2 T ・ S 講義 15 担当者変更 2019年度休講  
生活公共ガバナンス論   2 T ・ S 講義 15    
服飾文化特論Ⅰ   2 T        
服飾文化特論Ⅱ   2 T ・ S 講義 15    
染織文化特論   2 T     隔年開講  
衣服材料特論   2 T ・ S 講義 15 隔年開講 2019年度休講  
服飾管理特論   2 T     担当者変更  
食管理特論   2 T        
児童発達特論Ⅰ   2 T ・ S 講義 15    
児童発達特論Ⅱ   2 T ・ S 講義 15    
児童文化特論   2 T ・ S 講義 15 担当者変更 2019年度休講  
家政学研究法演習Ⅰ(論文作成法)   1 S 演習 15    
家政学研究法演習Ⅱ(統計処理)   1 S 演習 15 担当者変更  
家政学資料研究演習 2   S 演習 30

天野・工藤クラスは天野10/30、工藤20/30を担当
修士論文作成年度の学生必修。
指導教員の指定のクラスを履修すること。
2012年度入学者まで選択

必修
  特別研究 8        

修士論文作成年度の学生が履修すること
最低30時間相当の対面指導を受けること

必修
修了要件:各科目群ごとの修了要件を含めて、32単位以上の修得

T:テキスト科目、S:スクーリング科目、H:放送授業科目

※ 「児童発達特論Ⅲ」(関連科目)は、2019年度より閉講